2019.07.27 Saturday 16:20

朗読: ANNEのお茶会

 

 

yokoii photos

 

 

6月のとある日。ガーディナーのTさんが企画された ”ANNEのお茶会” の一部として ルーシー・モード・モンゴメリ著 赤毛のアン の英語の原文を朗読させていただくことになりました。

会議での商品説明などで、英語の文章を単純に読むことは仕事上多々あるのですが、文学的な文章を ”感情をこめて” 人前で読む、と言うのは今まで経験がありませんでした。 そしてこれがかなり想像以上に難しい・・・・原文は少し古い言い回しや、普段あまり使わない形容詞なども含まれていて、下手をすると ”run on sentence” に近い文章が多く、どこで息継ぎをしていいのか、どこを強調したり、ゆっくり読んだらより効果的かなど、色々考えなければならず、(これだッ!といった正解も無しで、著者にに聞けるはずもなく・・・)自分にはかなり難しいものでした。結果、分かりやすく明瞭になるよう努力したわけですが、なんとなくアナウンサーがニュースを読むような感じになってしまった感は否めません (;^_^A ただ間違いなく言えることは、ごまかしが全く通用しないため、”今更ながら” これはとても英語の勉強になると感じました。 朗読した後、結果はすぐに出ますし、通訳の仕事とは全く違う技術が必要になるので総合力を高めるためにはとても有効だと思います。 また、改めて声優さんたちの凄さを実感した次第であります。 朗読に関しては全くの素人ですが、お茶会ではカナダでの話にも当然なり、少しは自分の経験がお役に立てたかなと思われます。

 

メインのお茶のレクチャーと季節感あふれる上品なテーブル等のアレンジ、そしてこだわった食事の準備はYさんが(画像は娘さんでもあるyokoii photosさんが提供)、おおケヤキガーデンの摘みたての草花をふんだんに用いたそれは素敵なフラワーアレンジメントのデモンストレーションをIさんが担当、そして日本語版の朗読と物語に登場する多くの植物など)(「赤毛のアン」には60種程の花々が登場)に関してのお話はTさんが熱く語られました。 それぞれ心のこもった素敵な内容で、日々の疲れを吹き飛ばす充実した集いであったと思います。参加させていただきありがとうございました。
;;
yokoii photos

Comment:
2019/07/30 10:40 AM, hanayoubi wrote:
素晴らしい朗読をありがとうございました。
どうどうと、表情豊かに原書を読んでくださり…参加された方々もスタッフも、シーンと聴き入っていたらと思います♪

わたしも、みなさんと一緒に同じ空間を共有できた事、他ではできない体験をさせていただいた事に感謝しています〜。
2019/07/31 9:31 AM, hee pee wrote:
hanayoubiさま

良い結果が出せるよう次回もがんばりますので、なにとぞよろしくお願い致します。ご一緒させていただけること大変うれしく思います。ありがとうございました!
Add a comment:









Trackback:
http://heepee.ibox.main.jp/trackback/589
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.