2019.06.23 Sunday 15:28

小さなハンター:シジュウカラ

虫の数も多いわけですが、当然捕食する側の数も増えます。

 

 

可愛い姿で毛虫類を確実に仕留めてくれます。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2019.06.22 Saturday 16:15

ごめんなさい

この時期になるとヤンマ達が連日巣立っていくのですが、問題はどこで(正に)羽根伸ばしをしているのか分かりにくい点。今朝も水やりをしているとフラフラ辛うじて飛ぶヤンマを発見。まだ羽根が完全乾燥しておらず、本虫?にとってはもっと緊張する?最後の仕上げの大切な時間に天気予報とは全く関係のない雨が突然降りだす...慌ててホースの方向を変えて見守る事、約1時間。無事に飛び去ってくれました。今週はこれで2回目。ごめんなさい。

 

 

 

結構派手に水をかけてしまいました(;^_^A かなり濡れてますね。

 

 

でも、実は水やりでとても喜ぶ奴もいます。最近雨が少ないので、辺りを濡らすと元気よく出てきます。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.12.29 Saturday 22:56

土を掘り返すと

たまに出くわすのが彼らです(サイズからして恐らくアブラゼミ?)。今回の様に全く傷つけなければ直ぐに土に戻してあげれるのですが、時にはシャベルを使うために悲惨なことになる場合も・・・地上での1週間を過ごすために7年以上も土の中で過ごす彼ら。土堀は慎重に行わなければと毎回思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.09.16 Sunday 19:54

かわいいのか?きもいのか?

個人的には昔から好きでした。なんたってそもそも名前が ”家守” ですし。家に侵入してくる昆虫類をせっせと食べてくれます。

*2000年にカリフォルニア大のFullらにより、それぞれの足の裏にある約50万本もの ”剛毛!” が壁面の分子との間にファンデルワールス力を発生させることで接着していることが証明された。ウィキペディアより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.08.11 Saturday 10:10

とのさまガエルの謎*の答え!

なんでも書いてみるもので、例のカエルの件、答えが見つかりました。

 

Cさんによると、カエルは冬眠時以外は湿った土の中に巣を作り、そこを拠点に夜な夜なハンティングに出かけるそうです(?そう言えば知り合いに似たような行動をとる御仁が居たような・・・)。そして繁殖期になると水辺に現れるらしいのです! な、なるほど!それで突然へんてこな時期に現れる理由が理解できました。と言う事は池が繁殖場になっていると言う事ですね。どおりであの何とも言えないキュユウ、とかクウ(とてもも短く)とか発しながら、ぽっつちゃん!と池に飛び込むわけでだ・・・。それにしてもこの暑さ、ほっつき歩き過ぎで住処に戻れず、干からびてないか少々心配です。

 

情報提供してくれたCさん、感謝であります! (`・ω・´)ゞ

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.07.11 Wednesday 11:45

とのさまガエルの謎

今年はまだ証拠の1枚が撮れていませんが、4日前に ”ぽちゃん” と言う音が響きました。

 

翌日探してみると、やっぱりいましたトノサマガエル。そう、可愛いアマガエルでは無くて毎年ちょっと小太りのとのさまガエルです。

 

雨に誘われてきたのか、雨が止んだから現れたのかよく分かりません。 が、毎年、殆ど前触れもなくまんま、”ぽちゃん” とやってきます。 今年は今までも最も遅いレベルの7月上旬。いずれにしても冬眠からはとっくに覚めている筈です。では一体今までどこをほっつき泳いでいたのか? ”全く” 理解できません。 そもそも家にはじめてあらわれたのも本当に突然。気が付いたら2,3匹いた! という状態でした。なんで?!どうして?! 一番近いため池まではバス通り越えて、小さいけど丘を登って、そして下ってようやく到着できる距離。途中で車に轢かれるか、干からびるか、イタチかカラスのデザートになるか、が落ち。一体彼らはどこからどうやってくるのか? 全く分かりません・・・・が、涼し気にぷかぷか浮くその姿、とっても愛嬌あります。

 

 

*とりあえず下水道と言う選択余地が有力候補であります。どなたかご存じありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.07.05 Thursday 08:16

鳥とのバトルと言えば・・・

気が付けば、柑橘類の葉っぱは殆どアゲハの幼虫にやられているわけですが、その彼らも保護してあげないと大半が鳥にやられてしまいます。食物連鎖と言えばそれまでですが、生き残れる確率の低さと食べた(られた!)柑橘類の葉っぱの量を考えると何とも納得しがたい現実。色々ストレスのたまる人間界ではあるけれど、命の問題となるとやはり自然界の厳しさの比では無いですね。       

 

昨日も随分立派なクロアゲハが舞っていましたが、随分神々しく見えました。因みにあの”ひらひら”飛行方、外敵に的を絞らせないためらしいとか。やっぱり不規則度にはちゃんと理由があるんだなぁ。

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


2018.06.29 Friday 11:04

コクワガタ

この季節、草引きとかしているとふと現れるのが、彼らです。(ぱっと見、Gにみえるというコメントもありましたが(;^_^A) 実物はなかなか可愛いやつです。街路樹である桜の木が恐らく住処だと思いますが、実は今年中に伐採の運命(老木であり倒壊の恐れがあると言う事で)。来年はその姿を見つけれるのかどうか。

 


2018.06.27 Wednesday 19:31

オニヤンマ

今年初めて見かけました。孵化したてのオニヤンマです。相変わらず朝が遅い・・・11時過ぎてもまだ余裕でぶら下がってました。(;^_^A でかいと言うだけで随分他の連中と違うのかもしれません。

 


2018.05.17 Thursday 16:51

相変わらずの食いっぷり

 

 

 

 

ようやく葉っぱが出揃ったのも束の間。卵をビシバシ産みつけられて、しばらく経つと早くもこの状態。こんな小さな木に寄ってたかる8匹ほどのアゲハの幼虫達。また、数日でハゲになる運命ですね・・・

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.